• News
  • 「飲んで健康ゲット? 女性に話題のシリカ水...
2024-06-29

「飲んで健康ゲット? 女性に話題のシリカ水、徹底解説」

シリカ水

 

シリカ水って美容や健康に良いって聞いたけど、飲むとどんな効果が得られるの?
近年、美容や健康に効果があるとされ多くの有名人・芸能人が愛飲している「シリカ水」をご存知ですか?

このブログではそんなシリカ水を徹底的に解説し、飲む事で美容や健康にどのような好影響を与えるのか徹底的に解説します🎯

 

 

目次

1-1 そもそもシリカ水って何?

 

1-2 シリカ水を飲むと得られる効果・効能

 

2 飲む前に知りたいシリカ水の危険な副作用・デメリット

 

3 シリカ水に関するよくある質問

__________________________________________________

1-1 そもそもシリカ水って何?

 

シリカ水とは、その名の通り人体に必要不可欠なミネラルの1種であるシリカが含まれた水の事です。

 

◎シリカは人体に必須とされるミネラル

シリカは別名「ケイ素」と呼ばれ、人間が健康に生きていくためには必要不可欠なミネラルです。

シリカは人間の皮膚・骨・血管・髪の毛・細胞壁などにも含まれている人体の細胞を構成する主要な成分(微量ミネラル)の1つで、シリカの働きによって血行が良くなったり、骨や関節を丈夫に保つなどの健康を維持する事ができています。
また、シリカは肌や髪、爪などのツヤ・ハリを保つといった美容の面でも非常に効果があることから「ビューティーミネラル」とも呼ばれています。

 

◎シリカは体内から年々減少することが判明している

シリカは人間に必須なミネラル成分でありながらも自分の体内で生成することはできず、30~40代になると0歳児の頃よりも体内のシリカ量は約半分まで減少してしまいます。

シリカが体内から減少すればするほど肌や髪質が悪くなったり、骨密度が低くなってしまうので、体の外から積極的に摂取する必要があります。

また、女性の場合は閉経後にシリカを摂取しても骨密度が上がらないといった以下の研究結果もあるので骨の健康のためにも閉経前から積極的にシリカ水を摂取しておきたいところです。

 

米国と英国の共同研究グループは、フラミンガム子孫研究の参加者2846人(30〜87歳、男性1251人、女性1596人)の食生活を調査。

同時に、背骨(腰椎)や足の付け根の骨(大腿骨けい部)のBMDを測り、食事からのケイ素摂取量とBMDとの関連を調べた。

ケイ素摂取量を4グループに分けて比較すると、男性や閉経前の女性では、ケイ素摂取量が多いほど大腿骨頚部のBMDが高いことが判明した。

引用:ケイ素はカルシウムより骨を強くする、米英共同の「フラミンガム研究」から解明:MedWave Back Number (nikkeibp.co.jp)

身体の健康・美容を維持していくことや、骨粗鬆症の予防のためにも日々シリカを体内に補っていくことが非常に重要と言えます!

 

 

1-2 シリカ水を飲むと得られる効果・効能

 

→ 1-1でシリカ水は私たちの身体にとって欠かせないミネラルで、身体にとって重要な働きをしてくれていると言うことを解説しました。

→ 1-2ではそんなシリカが私たちの身体にどんな効果・効能をもたらすか、8つ紹介します!

 

①肌にハリを与え、肌トラブルを改善

→シリカにはコラーゲンやヒアルロン酸などを結びつける働きがあり、「肌の弾力」や「肌の潤い・ツヤ」を保ちたるみやシワを防ぐ効果が期待されています。
さらに、シリカ水のデトックス効果で毛穴に詰まっている老廃物が排出され、シリカにある「抗酸化作用」や「炎症を抑える」作用によってニキビの改善も期待できます。

 

 

②髪にツヤを与える

→髪ツヤにも効果があるシリカは、髪の毛の主成分のケラチンに活発に反応することで髪にツヤや潤いを蘇らせると言われています!

シリカは肌に潤いを補給して頭皮が乾燥することを防ぐ作用もあるので、歳を重ねると気になりがちな抜け毛も改善される効果も期待できるでしょう。

 

また、血液の流れが良くなる作用があると髪の毛に栄養が届きやすくなるため、発毛のために栄養を摂っている方は、栄養を届けるためにもシリカを摂取したいですね。

髪や肌などにツヤがないと老けて見えてしまうので、シリカ水を積極的に生活に取り入れてキレイなツヤ髪を目指しましょう!

 

 

③便秘が解消される

→シリカは植物性食物繊維の主成分でもあるため、食物繊維のように便通を良くしたり、腸内環境を整えて便秘にも効果があるとされています。

シリカによって体の免疫細胞の約70%が集まっているといわれている、腸内免疫の働きを高めることができるため、病気や感染症などから体を守りやすくなる可能性があるでしょう。

さらにシリカは自律神経を整える働きもあるといわれており、自律神経と便秘は密接な関係があるので、そういった側面からも便秘の解消を助けてくれる効果が期待できます!

 

 

④骨・関節を丈夫に保つ

→骨を形成する細胞壁には特に多くのシリカが含まれており、シリカはカルシウム以上に骨を強くする効果があると言われています。

年齢を重ねると関節の動きが鈍くなることがありますが、それは軟骨や腱にコラーゲンが足りていないことから関節がスムーズに動かなくなることが原因です。

継続してシリカを摂取することでコラーゲンの生成が促進されるため、関節痛を改善する可能性があります。

また、シリカは骨にとって大切な成分であるコラーゲンとカルシウムと結びつけるので、骨密度が高くなり「骨粗しょう症」を予防する効果も期待できます。

 

⑤血管が丈夫になる

→シリカは血管の内側の細胞を構成していることから、しなやかで弾力のある元気な血管を作り維持する働きがあると言われています。

ミネラル・コラーゲンが摂取できることで、血行不良を原因として起こる動脈硬化や、3大生活習慣病の心疾患、脳卒中、糖尿病などの病気を予防する効果も期待できるでしょう。

また、シリカには過度に摂った血糖により傷つけられた血管を治したり、脂質・コレステロールによって滞った血液をサラサラにする効果もあるので、食生活に偏りのある現代人は意識して摂取していきたいミネラルですね!

 

⑥安眠に効果がある

→シリカ(ケイ素)には、質の良い睡眠をつくる効果もあると言われています。

というのも、脳の中にある松果体は主にケイ素によって作られ、この松果体からホルモンのメラトニンという物質が分泌されています。

メラトニンには体内時計の働きがあり、日が昇っていて明るい時間はメラトニンの分泌が抑えられますが、日が落ちて暗くなってくるとメラトニンが分泌されて眠くなることから入眠作用があるとされています。

シリカを摂取することでメラトニンが生成され、生活のリズムが整うことで質の良い睡眠が取れるようになるので、「夜なかなか寝付けない…」という悩みも解決する可能性があるでしょう。

 

⑦ダイエットを助けてくれる

→シリカにはむくみ解消、新陳代謝の向上、脂肪分の分解といった働きがあると言われているので、シリカ水を飲むとダイエットを補助する効果が期待できます。

また、シリカ水に含まれるサルフェートやマグネシウムといったミネラルにも老廃物を排出してくれるデトックス効果があると言われていることから、ダイエットを後押ししてくれるでしょう。

美しく健康的に痩せたい方はシリカ水を積極的に取り入れていきたいですね!

 

⑧アンチエイジング作用がある

→抗酸化作用があるシリカは老化の原因となる活性酸素に働きかけて身体の老化を予防する効果が期待できます。

活性酸素は普段は体内に入り込む菌やウイルスから身体を保護する働きがありますが、ストレス、激しい運動、紫外線、食品に含まれる添加物などの影響を受けることで過剰に発生します。

過剰な活性酸素によって酸性に傾いた人体は老化が進みやすくなるので、肌のシミ・シワといった目に見える形で現れるほかにも癌や生活習慣病といった病気の発生原因になる可能性があります。

シリカの抗酸化作用はそんな過剰な活性酸素を抑え込むので、シミ・シワなどの老化を予防してアンチエイジング効果も期待できるでしょう!

 

◎効果を狙うなら1日40mg摂取を目安に

シリカの1日の摂取目安についてですが、身体が1日に消費するシリカ量が10〜40mgなので40mgの摂取を心がけた場合の基準です!

一般的に販売されているシリカ水の中にはシリカ含有量が少ない水も多いですが、シリカ水と謳っているミネラルウォーターは大体のものが1本で摂取量の目安を超えられます。

シリカ含有量は多い方が良いですが、あまり多く摂取しすぎても身体が吸収できる量が限られているので「適量を日々継続して摂取する」事をオススメします!!

 

 

飲む前に知りたいシリカ水の危険な副作用・デメリット

👩「シリカ水にいろんな効果がある事はわかったけど、逆に副作用やデメリットはないの?」
と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

 

ここでは、シリカ水を飲む前に知りたい副作用やデメリットについて解説していきます!

 

 

◎大量摂取すると下痢になるおそれがある

→飲んでも副作用のないシリカ水ですが、過剰に飲むことは体調不良の原因となります。

シリカは多く摂取しても問題はありませんが、シリカ水に含まれるマグネシウムは一度に多く摂らないように注意が必要です。

 

マグネシウムは体内の老廃物を輩出してくれるデトックス作用が非常に優れていますが、それだけに大量に摂取するとお腹がゆるくなったり、下痢になることもあるので飲む量には気を付けたいところです。

シリカ水以外のミネラルウォーターを飲む際にも、含まれるマグネシウムにも注意して少しずつ小分けにして飲むようにしましょう。

 

 

◎腎臓の機能が下がっているときは控えないと危険

→シリカ水には血行をよくするカリウムが含まれていることから、

腎臓の機能が下がっているときや腎疾患を持っている方は注意しなければいけません。

 

腎臓には血液中の老廃物をろ過して、身体に必要な栄養素だけをまた吸収する働きがありますが、この働きにも限界があります。

 

腎臓の機能が下がっているときにサラサラになった大量の血液をろ過しようとすると低ナトリウム血症を起こすおそれがあり、

吐き気や疲労感、痙攣、意識障害などの症状があらわれる可能性があります。

 

腎疾患を持っている方は飲む前に必ず医師の判断を仰ぐようにしてくださいね。

 

 

◎大きな副作用はない

→結論から言うと、シリカ水を飲んでも下痢や体調不良でなく、命にかかわるような副作用は起きないと言われています。

しかし、腎臓に疾患をお持ちの方や、過剰摂取をすることは逆に健康を損なってしまう危険性があるので注意が必要です。

 

シリカは、厚生労働省所管の食品衛生法で人の健康を損なう恐れのないことが明らかである74種に指定されていることもあり、基本的に副作用を心配する必要はないでしょう。

 

ただ、副作用がないからといってもあまりに大量に飲むとミネラル成分によってお腹を壊す可能性もあるので、注意が必要です。

 

 

 

3 シリカ水に関するよくある質問

せっかくシリカ水を飲み始めるなら疑問が解消されてから飲み始めたい所。
パート3では「シリカ水によくある質問」をまとめたので、是非チェックしてみて下さい!

 

Q1 「シリカ水って温めても効果はある?」

→温めてもシリカ水の効果は変わりません♨️

温かい飲み物を作るときに使ったり料理に使う事もできるので、シリカを効果的に摂ることができますね!

温めて飲んでも効果が変わらなければ、夏場は水をよく飲むけど冬は寒いから続かない…という方も安心して続けられるのではないでしょうか?

 

 

Q2「シリカ水って凍らせても大丈夫?」

→シリカ水は凍らせても効果は変わりません。

また、冷凍したシリカ水はマグネシウムの塊が浮かんでいることがあり、白い異物が浮いているように見えますが飲んでも問題はありません。

夏などの暑い季節はペットボトルに入れたシリカ水を冷凍して持っていくのも良いですね!

 

 

Q3「効果を増す飲み方・おすすめの飲むタイミングはある?」

→シリカ水は飲むタイミングを選ぶことで効果が増し、継続して飲み続けることでさらに効果が期待できます。

シリカ水の効果をより感じられる飲み方は以下のとおりですので、ぜひ参考にしてみてください!

 

『シリカ水の効果的な飲み方』

その①朝起きてすぐにコップ1杯

 

その②食事の30分前にコップ1杯

 

その③運動の前後ににコップ1杯

 

その④お風呂に入る前後ににコップ1杯

 

その⑤夜寝る前ににコップ1杯

 

→参考までに、食事からシリカを摂取したときは食後2時間程度で血中濃度が最大値になり、9時間ほど経過したら尿として体外に排出されます。

シリカ水はタイミングを選んで飲むことでさらに効果を期待することができるほか、継続して飲み続けることでより効果を実感することができるでしょう!

 

Q4「リカ水は赤ちゃんや子どもが飲んでも大丈夫?」

→シリカ水の中でも、比較的ミネラル成分が少ない軟水であれば、赤ちゃんや子どもでも問題なく飲むことができます。

ただ、一般的にシリカが含まれる水はミネラル成分が豊富なことが多いので、子どもに飲ませる前には必ず水の硬度を確認しておきましょう。

 

 

今回はシリカ水の効果・効能などを中心に解説してきましたが、いかがでしたか?

シリカの効果は美容や健康に密接に関係していて、適度のシリカを毎日継続して摂取することで、ずっと美しく健康的な生活を送ることができます。

シリカ水に含まれるシリカは水溶性シリカなので、副作用や発がん性なども一切なく安心して飲むことができるでしょう!!

女性のダイエットは難しいですので是非相談だけでもお問い合わせください☺

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上本町、谷町9丁目でジムをお探しなら
Personal GYM RICHE
初めてのパーソナルジムは『RICHE』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • Price
  • Info
  • Contact